FC2ブログ
まるで打ち上げ花火みたいだった、 あたし達のみ見ていた夢は、 黒い闇を覆いつくす光と音の洪水、目眩ましのお祭り
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春节欧洲行 Part.6
2013年02月16日 (土) | 編集 |
凡爾賽宮博物館
皇宮非常豪華又不失藝術氣質,特別是天花板上的各種畫作,怎麽看都不會膩味。
於此相比中國的皇宮,呵呵……就和個土財主沒兩樣。
以前去過北京的故宮,完全無感,那些所謂的琉璃瓦之類,也許遠看看成,近看真是相契無比(。
好吧,從小窩就只對歐式的建筑有興趣而已。
DSC_1850.jpg

凱旋門,在看圖片的時候,窩一直以為它只是個很單薄的“門”而已。
爹帶著窩們穿了馬路以後在周圍專了一圈,其實內部也不小。繞來繞去還差點走不回原來的路。
DSC_1927.jpg

同樣是凱旋門,站在門腳下拍攝的浮彫,很霸氣
DSC_1940.jpg

盧浮宮外景。
説到這個盧浮宮,肯定第一想到達芬奇的蒙娜麗莎的微笑
……沒有想到看到這個實物,小得好可憐。而且畫作前黑壓壓的一片人流真心可怕。
在進入蒙娜麗莎前講宮導遊千叮萬囑要看好自己的財務,因為那裡是小偷第一聚集點。
於是在那裡,與其説是觀看畫作,還不如説是把80%的心思都放在自己的包上。orz
另外最驚訝的是,明明宮殿內都是有好幾百年歷史的文物,竟然一點保護裝置也不做(除了以前被盜竊過,失而復得的蒙娜麗莎)
彫塑就是直接放在展廳,油畫直接掛在展廳……太豪氣。w
DSC_1950.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。