FC2ブログ
まるで打ち上げ花火みたいだった、 あたし達のみ見ていた夢は、 黒い闇を覆いつくす光と音の洪水、目眩ましのお祭り
幕末機関説 いろはにほへと 最終話「海の向うへ」
2007年04月11日 (水) | 編集 |
snapshot20070411142343.jpg

迟到了5天的花痴~~ 最近天天追新番,追得精神都要崩溃了.于是这个尾声就暂时先放在一边了.不过...上周六晚上就看见了秋月少爷的洋装截图.诶哟哟~~ 着实让我花痴了一下.连头上的标志性呆毛都剪掉了.倒是年轻了N岁啊. >v< 之前不看设定资料,我一直以为阿耀是23岁左右的青年...不是我的错,你让随便哪个人看设定图,都会这般以为的.(秋月举着月泪刀来砍我了:"在下...才17岁!!! =口= )

阿耀继承了龙马的遗志,走出国门看世界去了...嘿嘿嘿~~ 走出日本再也不要回来了.刚开始挺喜欢的赫乃丈现在变成了不DJ.所以...管她是童养媳也好,圣女也好...都放弃吧.三番五次企图弑夫,此等女人要不得!

关于这个结局,我也不好说什么了,人家神无死的一点意义都没有,为了赫乃丈无条件付出一切,这比泡菜剧里的男二号还悲惨.最后就落得个身负重伤,弥留之际在远处静静的看着某女,然后从容赴死.虽然我是秋月命,我也觉得这太不公平了.赫乃丈竟然一点反应都没有...应该说都是烂尾的错.许多线索都莫明其妙地淡化了.=口=||| mama...you就弄个洋装秋月来唬弄人,我也吃这套的. =v= 仓鼠(我好一会儿才明白这是指苍铁叔叔,死的时候也挺华丽...竟然还能扯到庄周梦蝶.Orz|||| 我看得才叫黄梁一梦呢!)

结束了...结束了...开始还挺像歷史正剧的,到后来就堕落成了kuso歷史...=口=|||| 我就纯粹娱乐吧.崩坏...大家一起来崩坏.很喜欢一个字幕组得OP字幕,虽然大意和歌词有些出入,但是却很有诗意~~~

月光如洗 万籁俱寂影俱止
披荆斩棘 夜色之中我独行
不破不立 乱世之幕再掀开
一身只为自由故
艰难险阻我愿闯
但看那 落日胜骄阳
关山西处是胜景
吟不尽 深闺梦里人
时代之船已鸣笛
猛抬头 长夜有尽时
黎明日出在眼前
并肩挽手 哪怕暗 哪怕阴影
困不住彼此同心
叹命运捉弄 你我并非同命鸟
止步不前 彷徨踌躇
前路何多 无我归宿
征程何长 无我归途
-----nt9k字幕OP翻译


附上日文歌词:

~荒野流转~
作词:尾浦由记
作曲:尾浦由记
编曲:尾浦由记
演唱:FictionJunction YUUKA


月影凍(つきかげこお)る大地(だいち)を
転(ころ)がり踏(ふ)み分(わ)けて行(い)く
滅(ほろ)びと再生(さいせい)の時代(じだい)が始(はじ)まる

自由(じゆう)を重(おも)く掲(かか)げて
道(みち)なき道(みち)をえらんで
真昼(まひる)よりまぶしい日(ひ)にちぼつを越(こ)えて

夢(ゆめ)を語(かた)るように時(とき)の船(ふね)は行(い)く
その闇路(やみじ)の無効(むこう)に新(あたら)しい夜明(よあ)け

僕(ぼく)らはきっと暗闇(くらやみ)のかいなから生(う)まれてきた
かなわぬ恋(こい)をするように
光(ひかり)へと彷徨(さまよ)ってく
どこまでも果(は)てしの無(な)い小道(こみち)を
帰(かえ)るすべは無(な)い

生(い)き抜(ぬ)くことに戸惑(とまど)い
死(し)に行(い)く事(こと)に怯(おび)えて
ぼくらの呼吸(こきゅう)には悲(かな)しみが宿(やど)る

叫(さけ)びは孤独(こどく)に失せて
泪(なみだ)の滴(しずく)をすすり
誰(だれ)もが一人(ひとり)きり荒野(こうや)を流離(さすら)う

荒(あ)れは月(つき)の夢(ゆめ)か 白(しろ)く光(ひか)る花(はな)
けぶる丘(おか)の彼方(かなた) 煌めき手招(てまね)く

胸(むね)に響(ひび)く悠久(ゆうきゅう)の音楽(おんがく)に耳(みみ)を澄(す)ませ
風(かぜ)に惑(まど)う砂(すな)のように
刹那(せつな)へと消(き)え失せても
どこまでも果(は)てしの無(な)い小道(こみち)を
荒野の向こうへ

僕(ぼく)らはきっと暗闇(くらやみ)のかいなから生(う)まれてきた
叶(かな)わぬ恋(こい)をするように
光(ひかり)へと誘(さそ)われて
何処(どこ)までも果てしの無(な)いこの道(みち)を
帰(かえ)るすべは無(な)い
彼方(かなた)へ……
コメント
この記事へのコメント
那人繙譯的好有詩意哦>"<

肯定也是崩坏的其實一人啊,呵呵~~
2007/04/12(木) 21:16:11 | URL | 哈哈 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
品質評価 38 / 萌え評価 16 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 44 / お色気評価 8 / 総合評価 24レビュー数 36 件 魔城五稜郭内部に突入した耀次郎。だが、そこに待ち受けていたのは守霊鬼と化した旧幕府軍の兵士たちの群れと、今や「覇者の首」の守り刀となっ
2007/10/18(木) 05:25:20 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン